保育所と保育園と託児所 施設形態や看護師の雇用に関する違い

保育所で働きたい看護師専門!求人探し・転職ガイド

保育所と保育園と託児所 施設形態や看護師の雇用に関する違い

子供たちが過ごす現場で働く看護師のお仕事はとても人気がある職種となっています。子供好きな看護師や自分も子供を育てているお母さん看護師の方が多いようですね。

 

子供たちを預けるところは保育所・保育園、託児所とありますがこれらの違いは何なのかご存知でしょうか。はっきり言うと保育園と保育所は同じ所と思っておいて下さい。言い方が違うだけであって“○○保育園という保育所に通っている”と考えていただければ分かりやすいと思います。

 

保育所・保育園には認可、認証、認可外の保育施設と3つの種類に分かれています。簡単に言うと、国が定める設置基準になっており認められているのが認可保育施設、公費で運営されていることになります。認証保育所は東京都のみの制度であり、認可保育所にはない新しい保育所(園)としてのニーズが求められている傾向があります。認可と認証は、0歳から小学生までの子供を預ける点においては同じですが認証保育施設に関しては0歳児を預けることができない所もあります。認可外の保育施設は都道府県の認可を受けておらず駅型保育所や病院内にある保育所のような施設がそれに当たります。

 

そして託児所ですが、行政に届け出が必要とされない一時的な預かりサービス所のような施設です。ほとんどの託児所は0歳〜2歳までの子供たちを預かることが多いです。

 

施設形態はこのように違うことで看護師の雇用にも違いが出てきます。子供たちの健康管理から状態をチェックすることに変わりはありませんが看護師の配置人数が変わってきます。保育所・保育園には看護師の配置人数が決まっているため増員することはできません。しかし託児所はその施設の規模の大きさやどのくらいの子供たちが預けられるかによって配置人数が変わるのです。よって、看護師を置いていない所もあるのです。保育所や保育園は定期的に看護師を募集する傾向がありますが託児所はいつ募集されるのか分かりません。

 

このように保育所・保育園・託児所といったそれぞれの施設によって看護師の雇用も違うこということ、知っておいて下さいね。